未分類

無視せざるを得ぬ町・・・っ! 主人公は何やられても!完全無視!1話

101046000_BookLiveコミック【AC】無視せざるを得ぬ町…っ!※スマホ専用

 

□プロローグ□

都市から離れた誰も知らないような隔離された小さな町。

男の大好きな町。

親の都合で一旦は町を離れていたが、数年ぶりに小さな町へと戻ってきた男。

ところがある日突然、村の人間から完全無視!!

学校でも完全無視。机もない。

昨日まで不通に接していた町の住人たちは、口をきいてくれない。。。

完全無視。。。

それどころか、目も合わせてくれない。。。

母親には心配かけまいと、誰にも言えない状況だったが、心が折れて母親に相談した。

母親に相談したことで、少しスッキリしたその夜、家の中に投げ込まれてきた紙屑。。。

広げてみると、そこには・・・

[お前は無視されている。町の決定事項によりお前をこの町から追い出すことになった。この町の人間はお前ともう誰も意思疎通をすることはない。この町にはお前の存在する場所はない。早くこの町から出ていけ!!]

信じられない内容の手紙。。。

町全体から完全に存在を消されたたった一人の男。

何をしても完全無視。。。

挨拶。。。完全無視。。。

手を握っても。。。完全無視。。。

!!!

男は完全無視!を逆手にとってハーレムな方向へ向かう。。。

101046000_BookLiveコミック【AC】無視せざるを得ぬ町…っ!※スマホ専用

【第一章 真由子】

翌日、主人公の男は教室へと乗り込む。

教室の扉を【ドキドキわくわく】な気持ちを押し殺し、

ガラガラッ!!!

男の存在に築く生徒たち、困惑気味ですが完全無視。。。

男はそんな完全無視の生徒たちにはお構いなしに、

一直線にその子に向かう。

ヅカヅカヅカッ!!

その子とは、そう、クラスのマドンナ的存在の真由子ちゃん!

そのままクラスメイトみんなの前で、

あこがれのマドンナ真由子ちゃんの大きく成長した

胸を鷲掴みで力強く揉む。

ブラウスの上から、【むにゅむにゅ】と柔らかい大きな胸!

最高の弾力だ!

マドンナ真由子ちゃんの顔を覗き込むと、

顔を真っ赤に赤らめるマドンナ真由子ちゃん!

でも、この町に完全無視されている男。

【本当に何をやられても完全無視!】

今度は、ブラウスのボタンをゆっくりと上から外していく。

クラスのマドンナ真由子ちゃんの生のおっぱいw

最高!!!

んんっ???

クラスのマドンナ真由子ちゃんから、

「ひぃ・・・あぃ・・・!」

声を押し殺しているが、かすかに聞こえる。

小さな吐息。喘ぎw

男の行動はエスカレートしていくwww

今度は下半身へと手を伸ばして、

「ぐちゃ・ぐちょ・・・ぐちょぐちょ」

ぬ・濡れてるw

マドンナ真由子ちゃんの、お●んこがwww

押し殺してた声が段々と大きくなり、

「あっ・・・あっ・ん~~っ!!」

「ビクッ・ビクンビクン・・・ッう」

「ビクッ・・はー・・はー・・ビクン・・・」

「ビクンッッッ・・・」

つづく・・・

101046000_BookLiveコミック【AC】無視せざるを得ぬ町…っ!※スマホ専用