未分類

無視せざるを得ぬ町・・・っ! 主人公は何やられても!完全無視!第五章

 

101046000_BookLiveコミック【AC】無視せざるを得ぬ町…っ!※スマホ専用

【役場職員 その1】

とある日、町役場では完全無視の男の話題で持ちきりだった。

完全無視しててもこの町から出ていかない。

学校では女生徒にやりたい放題。

町中でも女性を見つければやりたい放題。

この間の結婚式もメチャクチャ。。。

職員は男の居場所がなくなるように、早くこの町から

出ていくようにと団結する。

町中に意思疎通禁止人物の張り紙をまく。

道路の壁やお店の外、店内も全て。

町中にビラをばら撒く。

町役場一の張り切りガール鈴森!

この意思疎通禁止の指揮を執る朝霧課長に憧れる

新米の張り切りガールなのだ。

翌日、、、

男は町役場に表れ、いきなりカメラを固定し、

役場職員の見ている前で、張り切りガール鈴森の

後ろに回りブラウスを脱がし始めた。

男の人に自分のおっぱいを見せたことのない鈴森の

顔は一瞬で真っ赤に染まる。

何が何だかわからない。

固定のカメラと男子職員のいやらしい視線を感じる。

鈴森の顔はどんどん赤く染まる。

恥ずかしさと屈辱で全身がしびれる感じがした。

それでも役場職員の仕事は続けなければならない。

それが完全無視・意思疎通してはならないルール。

男は鈴森のスカートをめくる。。。。

101046000_BookLiveコミック【AC】無視せざるを得ぬ町…っ!※スマホ専用

【役場職員 その2】

男が鈴森のスカートをめくりパンツへと手を伸ばした

時、先輩の朝霧課長が男と鈴森の間に割って入ってきた。

受付の交代時間の様だ。

朝霧課長は顔色変えずに男にやられるがまま。

顔色一つ変えずにだ、余裕すら感じる。

受付しながら、キスされ、おっぱいを揉まれ、

吸いつかれ、何をされても顔色一つ変えない。

朝霧課長はどうせ高校生の考え行動はこんなものかと

余裕の対応だった。

そんな朝霧課長に男は、用意していた利尿剤を飲ませる。

男は何も言わずにそのままクンニを続ける。

男は朝霧課長の性格を把握していたのだ。

「きゅぅぅーぅん」

「じゅるるる・じゅるるるっじゅるっ」

「ぺちゃッぺちゃッ・ぎゅッ」

朝霧課長はクンニされてイかされるよりも

おしっこを漏らすことが許せない一心で我慢。

イカされても我慢我慢。

男は、ク●トリスとお●んこの中と舌使いを屈指して交互に

攻め続ける。

朝霧課長はおしっこ我慢の限界である。

「ぷしゃァぁぁぁぁッ」

おしっこが止まらない。

「しゃぁぁぁぁぁ」

完全に漏らしてしまう。。。

【役場職員 その3】

朝霧課長を男は完全崩壊へ向かわせる。

何度も何度もイかされても、男は止まらない。

利尿剤の効果は抜群で朝霧課長はおしっこを漏らしながら

何度も男に激しく突かれる。

お客さん・男性職員の前でプライド高き朝霧課長が

あへ顔でイかされる。

完全崩壊した朝霧課長。

つづく。

101046000_BookLiveコミック【AC】無視せざるを得ぬ町…っ!※スマホ専用