未分類

無視せざるを得ぬ町・・・っ! 主人公は何やられても!完全無視!第八章

101046000_BookLiveコミック【AC】無視せざるを得ぬ町…っ!※スマホ専用

【刺激さぜるを得ぬ陥没乳首 その1】

男は町長代理のエリナを追い詰める。

エリナは軽い身のこなしで男を交わし、

一旦かうじょいうから身を引き、体制を立て直す予定だ。

次の日・・・

おなかの空いたエレネは、買い物に出かけるも

みんなが無視する。。。

おかしい・・・

周りを見渡すと、エレナの張り紙だ。

意思疎通禁止・・・

あちこちにビラが配布されてる。

一晩で、町長代理から意思疎通禁止・・・

全て男の仕業だ。

昨晩に仲間に入れた女たちをうまく利用し、

ビラをまいたのだ。

町中のいたるところにビラをまいたのだ。

エレナは逃げるが男に遂に捕まる。。。

男とエレナでは体力差がありすぎる。

簡単に捕まる。

男はエレナに問い詰める。

何故にこんなことになっているのか、

何故にエレナが町長代理なのか。

101046000_BookLiveコミック【AC】無視せざるを得ぬ町…っ!※スマホ専用

【刺激さぜるを得ぬ陥没乳首 その2】

エレナは両親を亡くし、町長へ引き取られ、

町長と結婚する子になっていたのだ。

正式にはまだだが決まっているのだ。

そんなエレナを男はお構いなしに犯す。

縛り上げて犯す。

陥没したエレナの乳首を舌でじっくりと

舐め回す。

嫌がるエレナ・・・

「くちゃっ・くちゃ・くちゃッ」

「レロレロ・レロレロ」

「アッ・・・」

「んんッ・・・うぁぁッ・・・あっ・・・」

身体は正直だ。

エレナの陥没した乳首はビンビンに立ち上がる。

101046000_BookLiveコミック【AC】無視せざるを得ぬ町…っ!※スマホ専用

【刺激さぜるを得ぬ陥没乳首 その3】

男はエレナを犯す。

エリナ新品のオ●ンコへ落ちを運ぶ。

「れろ~れろ~~~」

「れろれろれろ」

「うあぁッ・・・あッ・・・アッ・・・あぅッ」

身体の小柄なエレナは押さえつけられて抵抗できない。

男は続ける。

「れろ~れろ~~くりくり」

「ッ・・・ううッ」

「ああっ・・・とめッ・・・んはッ・・・あ・あっ・・・」

男のテクニックでエレナは抵抗できない。

「ぬちゅるるるる・ちゅぽ・ちゅぽ」

「うあァァッ・・・」

「ひあぁッ・あッ・・・あぅ・んはッ・ああァッ・・・」

何度も何度もイかされるエレナ・・・

エレナの新品のオ●ンコはもうドロドロになって

準備万全だ。

男は勢いよくエレナの新品のオ●ンコへ大きな

一物も挿入する。

何度も何度も出し入れを繰り返す。

エリナの記憶は遠のいていく。

次の日もまた次の日も、

男はエリナを探し見つけ次第、どこでも犯す。

森の中、道端、人前・・・どこでもお構いなしだ。

何十回もイかされるエレナ。

どこへ逃げても捕まる。。。

101046000_BookLiveコミック【AC】無視せざるを得ぬ町…っ!※スマホ専用

【刺激さぜるを得ぬ陥没乳首 その4】

ある日、エレナは男に見つかりいつものように犯される。

なぜか今日はいつもと違う雰囲気・・・

変わらず突いてくる、男の大きなオ●ン●ン。

何度も出し入れを繰り返すが1時間たっても

辞めてくれない。終わらない。

男も何度かイっているのにも関わらず、腰を振るのをやめない。

止まらない。止めてくれない。

1時間経過・・・

2時間経過・・・

・・・

ようやく男の動きが止まり、SEXが終わった。。。

エレナの記憶は遠のき・・・過去の記憶がよみがえる。

エリナは小さいころから、ハーフってのもあり、

周りからイジメにあっていた。

エリナも周りとは距離を置き、いつも一人で誰とも

話すことなく学校でもいつもひとり。。。

そんな中、男が声を掛けてきた。

この男だけは他の子とは違った。

いつも構ってくれた。

エレナはそんな男がじつは好きだった。

いつも一人にしてくれない、だれからも無視されてる自分に

構ってくれる、男が好きだった。

つづく。

101046000_BookLiveコミック【AC】無視せざるを得ぬ町…っ!※スマホ専用